hanamaru park

<< 膝の後ろのハムストリング | main | 講義おつかれさまでした。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
体重を支えて運ぶ膝の関節
 普通に歩くだけでも、膝関節にはとても大きな力が加わります。スポーツでムリをすると、とんでもない力が加わってこわれてしまうこともあります。膝関節は、丈夫だけれど、とてもデリケートです。

 関節がそなえるべき構造
 膝関節もそうですが、関節は一般に、かなり難しい仕事をやっています。骨と骨を単につなげておけばよい、というものではありません。関節にはまわりからさまざまな力が働きますが、つながりがはずれてはいけません。その一方で、関節は動かなければいけません。筋肉の力を働かせて、動くべき方向に自由に動きます。しかし余分な方向には動かないようにしておく必要があります。膝の関節が左右にクネクネと曲がるようなら、とても歩けたものではありません。
 それに何よりも、こんな動きのよい関節が、ヒトの一生にわたって、故障なく働き続けているのです。自動車だったら10年も経てばポンコツですが、全身の関節は100年経ってもほとんどゴキゲンに動いてくれます。
 人体の関節は、骨の間をつなぎながら、特定の方向だけ動くために、いくつかのしかけを必要としています。関節がその仕事を行うために、必ず備えていかなければならない構造が4つあります。関節腔は、骨と骨の間のすき間です。関節包は、すき間に液を閉じ込めるための袋です。滑膜は、潤滑液をつくり出します。関節軟骨は、骨の表面をおおって滑らかにします。
 役に立つ関節であるために必要なこの4つの条件は、全身のどの関節も必ず備えています。そのほかに、ほとんどどの関節にも靱帯が備わっていて、関節を補強しています。靭帯は、コラーゲンの線維が集まってできた強靭なヒモです。靭帯のほとんどは、関節包と一体になっています。関節包は、もともとコラーゲンの線維でつくられた丈夫な袋です。関節包のコラーゲンの線維のうちで、骨をつなぐ方向に走るものが発達して、靭帯になっているのです。もちろん一部には、関節包とは関係のない靭帯もあります。膝関節には、関節包とは分かれた靭帯がいくつかあります。
 
| 【スクラップ】 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:36 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanamaru-main.jugem.jp/trackback/962
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE