hanamaru park

<< 膝のお皿 | main | 体重を支えて運ぶ膝の関節 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
膝の後ろのハムストリング

 大腿の後面には、膝を曲げる筋肉があります。主に寛骨の後面から起こって、膝の後面で内と外に分かれます。膝の外側にいくのは大腿二頭筋、膝の内側にいくのは半腱様筋半膜様筋という2つの筋肉です。大腿の後面にあるのは、この3つの筋です。
 膝の後ろのくぼみを膝窩といい、その外側と内側に、これらの筋からの腱が通っています。膝窩の外側には大腿二頭筋の腱があり、内側には半腱様筋と半膜様筋の腱があります。膝窩の左右にあるこれらの腱を、よくハムストリング(hamstring)といいます。hamというのは、古い英語で「膝のくぼみ」を意味する語で、そこにある腱という意味です。大腿後面の3つの筋をあわせて、ハムストリング筋といいます。家畜のハムストリングを切ることがあります。ここを切っておくと、動物が膝を曲げることができなくなり、歩きまわらないようにすることができます。

 Column→ウマの手と足はとても大きい
 ウマの骨格を見て下さい。脚がとても長いですね。地面に着いている手と足の部分がとても小さいように見えます。でも実は、ウマの手と足はとても大きいのです。
 後ろ足を見ると、膝が前に付きだしていて、踵が後ろに突き出しています。踵がずいぶんと高い位置にあります。踵の下にある長い骨は何でしょうか。これは中足骨(ちゅうそくこつ)です。前足でも同様で、手首の関節が高い位置にあり、中手骨が長くなっています。ウマの脚の長さのかなりの部分は、足になってます。ウマはつま先のヒヅメで地面に着いていて、足が小さいように見えますが、実はウマの手と足はとても巨大にできているのです

| 【スクラップ】 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanamaru-main.jugem.jp/trackback/961
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE