hanamaru park

<< 下肢のつけねになる寛骨 | main | 寛骨と大腿骨のあいだの股関節 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
足のしびれ
 正座をすると足がしびれます。その原因は、一時的な軽度の血行障害によるものです。下肢にいく血管が圧迫されて血液の流れが悪くなり、筋や神経が酸素不足を起こすのが、大きな原因です。
 下肢に血液を送る動脈は、太ももの上部にある大腿動脈から始まり、そこから下って膝の高さにくると、膝の後面に回ります。膝の後ろのくぼみを膝窩(しつか)といい、大腿動脈も名前を変えて膝窩動脈になります。動脈はここから下腿の後面を下り、2本に分かれて足に向かいます。太い方の後脛骨動脈は、内果の後ろを通って足底に向かい、もう1本の前脛骨動脈は足首の前面を通って足背に向かいます。
 正座をすると、膝関節が180°近くまで曲がります。膝窩を通る膝窩動脈は折れ曲がります。また、身体の体重が下腿の後面にかかり、ここを通る後脛骨動脈が圧迫されます。こうして正座を続けていると、下腿と足の血液循環が一時的に悪くなります。
 人によって、足がしびれやすい人としびれにくい人がいます。一般に太った人の方が、足がしびれやすくなっています。大きな体重が膝と下腿の動脈に加わって、圧迫される度合いが大きいからでしょう。 畳の上での生活に慣れた人は、足がしびれにくいようです。動脈は、必要に応じてゆっくりとつくり替えが起こって、太くなったり細くなったりする性質があります。たびたび正座をしていると、本幹の太い動脈以外に、細い横道の動脈が増えてきて、正座をしたときにも血流が途絶えにくくなるのだと考えられます。 
| 【スクラップ】 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanamaru-main.jugem.jp/trackback/958
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE