hanamaru park

<< 017ATPの再合成 | main | 指のそれぞれの役割 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
018筋収縮の様式
短収縮(れん縮)は単一の刺激(1つの活動電位)に対し、筋は1回だけ収縮する。
適当な間隔で2度刺激すると収縮が重なって短収縮より大きな収縮が生じる。刺激を何回も繰り返して加えると、刺激の期間中、持続的な強い収縮を起こすようになる。このような収縮を強縮という。
持続的な強い運動が続くと(長時間の強縮など)、筋は次第に強い収縮を維持できなくなり、収縮不能となる。このような現象を筋の疲労という。
ざ擇亮縮には、ある一定の強さの刺激を必要とする。刺激が弱いと筋繊維は反応を示さないが、刺激がある強さに達すると、筋繊維は最大限に収縮する。しかし、その刺激がさらに強くなっても収縮状態は変わらない。これを全か無かの法則という。
 
| 【練習問題】問題集 | 12:15 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:15 | - | - | pookmark |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/08/18 12:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanamaru-main.jugem.jp/trackback/853
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE