hanamaru park

<< 011上肢の筋 | main | 013下腿筋群 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
012下肢帯筋群と大腿筋群
仝坿慇瓩留親阿蓮屈曲は腸腰筋が、伸展は大殿筋、外転は中殿筋・小殿筋、内転は長・短・大内転筋が行い、梨状筋、内閉鎖筋、大腿方形筋は、外旋を、大腿筋膜張筋、中殿筋、小殿筋は内旋を行う。
大殿筋は仙骨、尾骨、腸骨外面から起こり、大腿骨の後上部殿筋粗面と腸脛靱帯に停止する。股関節の伸展作用の主力筋である。
下殿神経の支配を受ける。
C翕其擇歪温外面から起こり、大腿骨大転子に停止し大腿を外転させる。上殿神経の支配を受ける。
ぢ臑椰筋群は膝関節の伸展に働き、縫工筋と大腿四頭筋がある。大腿神経に支配される。
大腿四頭筋は大腿前面から両側面にかけての強大な筋で4頭からなり、膝関節の前で合して膝蓋靱帯となり、脛骨の上端前面脛骨粗面に停止する。
β臑椹容筋の4頭とは、寛骨が起始である大腿直筋と大腿骨が起始である内側広筋、中間広筋、外側広筋のことである。
鼡径靭帯と長内転筋と縫工筋に囲まれた大腿上内側の三角形の部位を大腿三角といい、皮下に大腿動脈の拍動を触れる。
膝窩の上外側縁を大腿二頭筋の停止腱が、半腱様筋、半膜様筋がその上内側縁をつくり、この3筋の腱を膝窩腱、3筋をまとめてハムストリング筋とよぶ。
膝関節の運動は、屈曲を大腿二頭筋、半腱様筋が、伸展を大腿四頭筋が行う。
大腿内転筋群は大腿の上内側にあり、大腿の内転作用を行う筋群で、寛骨から起始し、大腿骨内側後面に停止する。恥骨筋、長内転筋、短内転筋、大内転筋、薄筋があり、閉鎖神経の支配である。
 
| 【練習問題】問題集 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:10 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanamaru-main.jugem.jp/trackback/846
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE