hanamaru park

<< 009腹部の筋 | main | ラテン系 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
010背部の筋
\背筋群のうち頭骨、項靱帯、第7頚椎以下全胸椎の棘突起から起こる僧帽筋は、肩甲棘、肩峰、鎖骨外側に停止する。左右の肩甲骨内方に引き、胸を張る、肩甲骨を挙上し肩をすくめる、肩甲骨を後内側に引き、関節窩を上外側に向かせ上腕の挙上を助ける。副神経頚神経叢の枝に支配されている。
下位の胸椎、腰椎、腸骨稜から起こる広背筋は、上腕骨(小結節稜)に停止し、上腕内転する。
深背筋群は2層からなり、本来胸筋である後鋸筋(上後鋸筋・下後鋸筋)と固有背筋とに分けられる。固有背筋は、板状筋脊柱起立筋横突棘筋の3群に分けられ、脊柱の両側にある。いずれも脊髄神経後枝の支配を受ける。
だ埣豕立筋は脊柱両側に沿って長く縦走し、外側から腸肋筋最長筋棘筋があり、脊柱起立筋とはこの3筋の総称である。これらの筋は、全体が働けば脊柱を支持し、反らせる。片側が働けば脊柱を横に曲げる。
 
| 【練習問題】問題集 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:33 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanamaru-main.jugem.jp/trackback/843
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE