hanamaru park

<< Q37 大腿三角、大腿管の位置 | main | Q39 下腿の筋と足の動き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Q38 膝窩を囲むもの
 POINT
●上方の2辺をつくる腱をハムストリングスという。


 膝窩Fossa popliteaは”ヒカガミ”とも呼ばれ、膝の後面にある菱形の凹みである。
 上外側縁は大腿二頭筋、上内側縁は半腱様筋と半膜様筋、下外側縁と下内側縁はそれぞれ
腓腹筋M.gastrocnemiusの外側頭と内側頭によって囲まれている。この部での大腿二頭筋
、半腱様筋および半膜様筋は腱性部で硬く、これら3筋をハムストリングスという。
 上縁の合流部上方で坐骨神経が脛骨神経と総腓骨神経に分かれ、脛骨神経は中央部を下行
し、総腓骨神経は大腿二頭筋の内側に沿って下行する。脛骨神経の前方に膝窩静脈、その前
を膝窩動脈が並走する。

参考→膝窩動脈の触診
膝を屈した状態で、膝窩の深部で膝窩動脈の拍動を触れる。
| 【解剖】新解剖学 | 11:23 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:23 | - | - | pookmark |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/16 7:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanamaru-main.jugem.jp/trackback/42
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE