hanamaru park

<< 充分休んでも治らない肩こりは、病院を受診しましょう | main | 接遇の重要性 >>
バイト敬語
 バイト敬語(バイトけいご)とは、レストランやファーストフード店などの飲食店において、アルバイト店員が多数を占めるサービス業界での接客時に特徴的な日本語表現である。場面方言のひとつ。

  • 名詞+の+ほう(方)
  • 名詞/金額+になります
  • 金額+から
  • よろしかったでしょうか
  • いらっしゃいませこんにちは
  • お待ちいただく形になります
  • お次のお客様
  • お返しになります
  • お召し上がりですか
  • 温めますか
  • 複合型
  •  正しい敬語を使い慣れない、若いアルバイト店員や学生アルバイトが主になって接客する必要のある状況で、とりあえず客を不快にさせない接客をするために、便宜的に発生し、不文律的にマニュアル化されてきた特殊な接客用語と言える。若者に限らず、これらの表現で接客する上記業界従事者は増えている。また、接客以外の事務系の仕事においても使用者が広がっている。

     一般的には「日本語の乱れ」の典型とされ、マスコミなどで度々その違和感が指摘された。その一方、それほど慇懃に応対する必要のないカジュアルな接客シーンにおいては、一応の受容が可能な表現であると、いわば現代の吉原言葉のようなものとして容認する意見もある。なお、バイト敬語の要件はあくまでも接客時に特徴的なことであり、日本語として間違っていることや新しい表現であることを要件としない。古くからある正しい日本語であっても、使い方や使う場面によってはバイト敬語とされることがある。

     丁寧な接客を旨とする大手デパートやホテルなどでは、使用を禁止して正しい敬語を使うよう店員を教育しているところがほとんどだが、デパートでもこれらの表現が聞かれることもまれにある。接客場面で使われる機会や耳にする機会が増えるに従って、違和感は薄らぎつつあり、接客用語として定着する可能性がないとは言えない。また、郊外型のドラッグストアや大型食料品店などでは彼等より年齢が上のパート従業員にまで浸透し始めている。

    他にも下記のように様々な名称がつけられており、「バイト敬語」はそのうちの代表的なものである。

  • バイト語
  • コンビニ敬語・コンビニ言葉
  • マニュアル語・マニュアル敬語
  • ファミレス敬語・ファミレス言葉
  • ファミコン言葉(敬語) 「ファミリーレストラン」と「コンビニエンスストア」の頭を取って
  • 特定のコンビニ・ファミレス・ファーストフード店の名前をとって○○敬語(言葉)と呼ばれることもある。
  • 名詞+の、ほう

    「〜の方」は(1)方向・方角が原義である。そこから転じて、(2)話題のものをぼかしてその部面のものと言う用法や、(3)いくつか考えられるもののうちの1つという用法が生じた。原義に近い順に記載する広辞苑では、(2)のぼかす用法を(3)より先に挙げている。ぼかすための「〜のほう」がバイト敬語とされることがある。

    • ガムシロップのほうはお付けしますか?
    • グラスのほうはいくつお持ちしますか?
    • お席のほうにご案内します。

    上記の例は、いずれも「のほう」を取り除いても意味が通じる。「グラスのほう」は、その前に酒なり飲み物が選択されていれば、飲み物に対してもう一方のという意味に解釈することもできるが、「グラス」をぼかすために使うほうが原義に近い用法である。「お席の方にご案内します」として席の方向を指し示すのも間違いではないが、単に席に連れて行くという意味で使うのも間違いではない。「ガムシロップのほうは〜」は「ガムシロップはお付けしますか?」で通じる。

    ぼかすための「のほう」自体は辞書にも載っているし、戦前にも使われている。接客用語として適当かは別として、日本語としては特段新しいものではない。



    名詞/金額 になります

    結果としてそうなったという客観性を強調し、行為者の主体性をぼかす表現。自分には責任はないという意味合いや、自分がやったわけではないという姿勢を示す。

    「になります」という表現自体は昔からある。用法は、(1)「何かから何かになる」という変化や帰結の意味、「例. 春になる、医者になる、二十歳になる」(2)元の意味を失ってほとんど「です」と同義のものである。

    以下の例がバイト敬語とされる。(2)の用法についてのみバイト敬語とされる場合もあれば、(1)を含めて言う場合もある。 接客場面では「〜でございます」を使うのが正しい。

    (1)原義を残した用例:

    • (レジの計算結果が)525円になります。

    (2)原義を失った用例:バイト敬語

    • お待たせしました、エビドリアになります
    • メニューになります。(2007年にイオンCM中での使用が指摘され、ございますにその後訂正されている)
    • 禁煙席になります
    • お買い得となります/〜となっています
    • こちらになります

    ただし、何かから何かに「なる」わけでない、「です」や「でございます」と同義の「になります」自体は明治・大正時代にも見られる。接客用語として適当かは別として、日本語としては特段新しいものではない。


    金額 から

    会計時に金銭を受け取る際、「○円(を)お預かりします」ではなく「○円からお預かりします」と言う。

    • 1万円からお預かりします。

    「1万円からお預かりします」の場合、客が端数の細かい金額を足し合わせようと財布の中を覗き込んでいながら、どうも足りなさそうなので店員がわで「もう1万円から計算してしまいますよ」と確認するニュアンスを持つ。このため「急かされている」「決め付けられている」と不快に感じる聞き手がいるようである。


    よろしかったでしょうか

     初めてたずねることでも、あたかも再度たずねるかのように、過去形で表現する。これは忙しさで混乱してうっかりもう1度たずねてしまったり、既に別の店員が聞いていたりすることがあるために、このように言うのではないかとされるという見方がある。また、「(もっといいサービスも可能・要望すれば可能なオプションもあるが)この程度でよかったか」という問いかけを行い、客に要望を出しやすくさせる、要望を吐き出させるタイミングを与えるという良心的な誘導尋問であるという意見もある。一方で、北海道から全国展開した居酒屋チェーンの接客マニュアルに由来したとする説も有力である。北海道方言には、「これで間違いなかったかい(これで間違いないですか)」のように、過去形をとることで断定的になるのを避けてぼかす表現があり、接客業では、この表現が「おかしな用法」として話題になる前から普通に用いられていた。西暦2000年前後から首都圏でマニュアル語として使われ認識され始めたことから、この語法の「異質さ」がメディア等で論じられることが多くなったようだ。ただし話法としては過去形を用いることで婉曲化させることは一般的であり、愛知では古くから同様の表現が昔から使われており、必ずしも北海道から広まったとは断言できない。前述の「のほう」とセットで使われることも多い。この用法の正誤については有力な反論もある。

    • お箸は1膳でよろしかったでしょうか
    • 1万円からよろしかったでしょうか
    • (ガソリンスタンドにて)窓のほうは拭いてよろしかったでしょうか
    • デザートのほうよろしかったでしょうか。(デザートはいりませんか)


    いらっしゃいませこんにちは

    「いらっしゃいませ」だけではなく「こんにちは」とか「こんばんは」と挨拶の言葉をつけるのは、デニーズなどアメリカ由来のファミリーレストランのマニュアルに因るところが大きい。英語には「いらっしゃいませ」に相当する言葉がなく、アメリカでは店員が客にフレンドリーに挨拶することが、基本的な接客態度とされている。それがファミリーレストランチェーンなどで文書としてマニュアル化したことで、日本にチェーンを展開する際にそのマニュアルが和訳され、挨拶の項も採用されたと言われている。

    その挨拶も、何度も言われているうちに「いらっしゃいませこんにちはー」「いらっしゃいませこんばんはー」と1語のようにつなげて発音されるようになり、言い方もマニュアル的になってきている。日本では「いらっしゃいませ」で十分であるから、挨拶は余計であるという意見もある。

    同様のマニュアル的表現として「ありがとうございますまたお越しくださいませー」というのもある。

    一部ではこのような現状に対して他社との差別化のため、「こんにちは(こんばんは)、ご来店ありがとうございまーす」と発声させているところがある。



    お待ちいただく形になります

    「〜する形になる」という表現自体は昔からあるものである。

    客を待たせる必要がある際に、

    • 少々お待ちいただく形になりますが、よろしいですか?

    混んだレストランなどで、待ち時間を伝える場面で、

    • ただ今(ですと)30分ほどお待ちいただく形になります

    のように使われる。接客に不慣れな者が、「待たせる」という客にとって不都合な事情を伝える際に、「お待ちいただくことになります」や「お待ちいただいております」のように明言することをためらい、重大事を伝えるような表現を選んでしまったためと考えられる。これに慣れると、「お待ちいただいております」などは直接的すぎて不快に感じる客も出てくる可能性もある。


    お返しになります

    • レシートのお返しになります

    釣銭ならば実際に、その金額の分のお金を「返して貰う」ものなので問題ないが、レシートは客が新たに「貰う」ものなので、不自然さがある。しかしながら、「返す」には、「相手が何らかの働きかけをしてきた場合に、等しい価値を持つ働きかけをする」という意味があり、その意味でとらえれば正しいとする人もいる。

    また、釣銭がある場合は「○○円のお返しになります」、釣銭がなくレシートだけの場合は「レシートでございます」のように語尾が異なるのを避けるために、「お返しになります」で統一しているとも考えられる(両方ある場合に「釣銭とレシートのお返しになります」と言う店舗もある)。

    さらに、上記「名詞+の+ほう(方)」との混用で、

    • 「レシートのほうお返しになります

    という表現がなされることも見受けられる。


    お召し上がりですか

    • お召し上がりですか?

    ファーストフード店などで、店内で食事をするかをどうか問う場合に用いられる。もちろん食品は多くの場合食する以外には用いないので「店内で」などを付けないと意味をなさない。 対となる「お持ち帰りですか?」と同様、「お召し上がり」「お持ち帰り」と名詞として扱う点に特徴がある。

    温めますか

    • 温めますか?

    コンビニエンス・ストアなどで会計時に、食品を加熱するサービスが必要かを訪ねる際に用いられる。 語尾が敬語として不適切なため、主語を誤って解釈される可能性が高い。「温めましょうか」などのような語尾をとらないと、「あなたは今後、温める予定がありますか?(そうであれば加熱に関する注意があります)」と受け取られる可能性が高い。

    • 温められますか?

    上記の敬語使用版と考えられる。「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の認識不足から発生している事も間違いなさそうだ。言葉通りに受け取ると、「あなたは、この店のレンジを使って温めていくお積りですか?」と年配者にはウケが良くない。

    複合型

    • こちら、ラーメンのほうなります
    • 番号札のほうをお持ちになって、お待ちいただくなります

    のように、バイト敬語は組み合わされることが多い。



    日本語は確かに難しい。相手を不愉快にしないというのが最低限のマナーですね。マニュアル作りって難しいなぁ〜

    | 【日記】あれこれ | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://hanamaru-main.jugem.jp/trackback/405
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    PROFILE