hanamaru park

<< 19. けいれん | main | 看護の志新た >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
20. しびれ(錯感覚)

患者により「しびれ」の内容は多岐にわたる。「錯感覚、感覚鈍麻、筋力低下、固縮・寡動、こわばり感、浮腫の緊満感、不随意運動、意識障害」など様々な症状を患者は「しびれ」の一言で訴える。医師は患者の「しびれ」がこのどれにあたるかを確認しなくてはならない。
ここでは「ビリビリ感(錯感覚)」としての「しびれ」に限るが、痛みや筋力低下を伴うものも含んでいる。
なお、診断を容易にするため、本稿は部位別で鑑別疾患を列挙した。

顔面領域
 
帯状疱疹
手・口症候群(主に血管障害)
脳血管障害(Wallenberg 症候群など)
numb-chin 症候群(下顎部の感覚鈍麻);主に下顎骨への悪性腫瘍の転移
てんかん
脳腫瘍
多発性硬化症
脊髄(延髄) 空洞症
上肢
 
頚椎症
胸郭出口症候群
拘扼性神経障害(手根管症候群、肘部管症候群、Saturday night palsy:上腕部の圧迫による橈骨神経麻痺)
多発ニューロパチー(糖尿病性ニューロパチー、ギランバレー症候群
多発単神経炎(膠原病、サルコイドージス)
脳血管障害
血行障害
帯状疱疹
肺尖部腫瘍:ホルネル症候群・パンコースト症候群
てんかん
脳腫瘍
脊髄腫瘍
多発性硬化症
脊髄空洞症
交感神経反射性ジストロフィー
体幹
 
黄色靭帯骨化症
脊髄腫瘍
帯状疱疹
糖尿病性体幹ニューロパチー
脊髄血管奇形
下肢
 
腰椎症
血行障害
多発ニューロパチー(糖尿病性ニューロパチー、アルコール性ニューロパチー、ギランバレー症候群
多発単神経炎(膠原病、サルコイドーシス)
帯状疱疹
meralgia paresthecica:大腿外側部の錯感覚
腓骨神経麻痺(腓骨頭での圧迫が多い)
脊髄血管奇形
その他
 
過換気症候群、ヒステリー
ビタミン欠乏(亜急性連合性脊髄変性症等)
 
| - | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hanamaru-main.jugem.jp/trackback/302
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE