hanamaru park

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
筋の生理
筋の収縮:運動は筋の収縮による。
骨格筋の構造:筋繊維(直径10~100㎛、長さは筋により異なり、数弌楚10僂里發里泙)が集まり結合組織で束ねられている(筋束)。1本の筋繊維が1個の細胞
骨格筋繊維の種類:赤筋(遅筋)、白筋(速筋)、中間筋の3つに分類、ミオグロビンの含有量の違いによる。筋繊維は、数百から数千本の収縮性のある筋原線維(直径1〜2㎛)が集合し、長軸にならんだもの。
筋収縮のしくみ:筋収縮は筋原線維の収縮によって起こる。筋原線維の収縮・弛緩は、アクチン(細いフィラメント)とミオシン(太いフィラメント)の配列状態の変化で生じる。
筋収縮エネルギー:ATP(アデノシン三リン酸)が分解され、ADP(アデノシン二リン酸)になるときに生じるエネルギー
筋収縮の熱の発生:収縮時に熱を産生し、体温維持に役立つ。
筋の特徴:収縮性、弾性、興奮性、伝導性の4つの特徴
筋収縮の様式:
・短収縮(れん縮):単一の刺激(1つの活動電位)に対して、筋は1回だけ収縮
・強縮:刺激刺激を何回も繰り返して加えると刺激の期間中、持続的な強い収縮を起こす。骨格筋は、常に一定度に収縮した状態(弱い強縮状態)。これを筋の緊張とよぶ。
・筋の疲労:持続的な強い運動が続くと、筋はしだいに強い収縮を維持できなくなる(収縮不能)。
・全か無の法則:刺激がある強さに達すると、筋繊維は最大限に収縮するが、その刺激がさらに強くなっても収縮状態は変わらない。

 
| 【形態此朸擇寮戸 | 10:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE